beans

コーヒー豆の鮮度について

コーヒー豆の鮮度について

コーヒー豆は生鮮食品!

焙煎されたコーヒーは惣菜と同じ生物だということをご存知でしたか?

実は私もコーヒーの焙煎士を目指す前は、コーヒーは乾物だし賞味期限があってないようなものだと思っていました。ある意味それは正解で、コーヒー豆は豆の状態で保管していれば何年越しでも飲めてしまいます。風味とコクを失った残念な飲み物として。

焙煎されたコーヒー豆を購入して、袋を開けると素晴らしい香りに思わず目うっとりしてしまった経験はコーヒー好きの方なら誰でもあるでしょう。美味しいコーヒーは香り豊かでコクがあり、渋味やエグミがありません。この美味しい状態は焙煎直後~約1ヶ月キープできます。この間、豆を挽いてコーヒーをペーパードリップなどで淹れると、コーヒー豆がよく膨らみ、”蒸らし”が上手に行えるので、その結果美味しいコーヒーを淹れることが可能になります。焙煎日から数ヶ月も経ってしまったコーヒーは炭酸ガスが抜けてしまったため、膨らみが悪いです。膨らみが悪いと蒸らしが上手く行えないため、風味に欠けた味になってきます。

コーヒーを購入するときに気をつけることは?

美味しいコーヒを飲むために、コーヒーを購入する際に気をつけて欲しいことが3つあります。

1つ目は焙煎日をチェックして購入すること。コーヒー専門店に行くと、いつ焙煎した豆なのか聞けば必ず教えてもらえます。ちょっと聞きづらい場合は、「今日焙煎した豆はどれですか?」という聞き方だと販売側に優しく聞こえます(笑)。焙煎してから数週間経ってしまっている豆が陳列されている場合もありますので、新鮮な豆を手に入れるためにはチェックするとよいでしょう。

2つ目は約2週間程度で飲みきれる量を購入すること。豆は約1ヶ月後には香りや風味が極端に減り始めます。香り豊かで新鮮なコーヒー豆を1~2週間で飲みきれる量をこまめに購入する。少し面倒かもしれませんが、そうすることで常に新鮮な豆で美味しいコーヒーを淹れることができます。1日一人一杯10gの豆を使うとして、10日分で100g。100~200gずつこまめに購入するのがおすすめです。

3つ目はできるだけ豆のまま購入することです。ミルを持っていない場合には仕方ないのですが、豆に比べて粉は劣化が早く、香りが抜けやすくなります。豆のまま購入し、コーヒーを淹れる直前にミルで挽く。これが第3のポイントです。

コーヒー豆購入後、鮮度をキープするためには?

コーヒーを購入したら、鮮度をキープするために小瓶に移し替えましょう。ジッパーがついているようなコーヒー専用の袋であればそのままでも大丈夫です。焙煎後の豆は、空気に触れている時間が長くなればなるほど、酸化が早まり、風味が損なわれますので、できるだけ空気に触れさせないことがポイントになります。直射日光が当たらない冷涼な場所で保存することも忘れずに。

よくコーヒー豆を冷凍したら鮮度が保たれるのですか?という質問を受けます。店主が実験したところ、焙煎後1ヶ月ほどで飲みきってしまうのであれば冷凍庫でも常温でも味に大差はありません。それ以上長期間保存するとなった場合はやはり冷凍庫がおすすめです。冷凍庫で保存すると、常温よりも風味が損なわれにくいです。冷凍庫に淹れる場合は、できるだけチャック式の袋に入れて保存すると良いでしょう。

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Comment on Facebook

Pickups!